CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< アメリカでの展示会を終えて | main | 仕入れをしないで売上を上げる、これからの時代 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    侍ヨシ
    0
      俺が彼に会ったのは、代々木のバスターミナル

      その頃はまだ新宿のバスターミナルがなかった時だった。
      一目見たときに、声をかけずにいられなかった


      何でそんな格好なんだろうか?
      何をしてる人?

      そんな風に最初話しかけた記憶がある。

      バスの出発間近な時だった。
      慌ててお互いの情報交換しながら
      バスに飛び乗った。
      彼のことをもっと知りたい俺はFacebookでやり取りしながら、メッセージをやり取りさせていただいた。
      メッセージのやり取りの中で分かったことは、
      サムライの格好で徒歩で
      日本中を歩きゴールは実家の長崎と決め 走破したと聴いた。

      これから会津のお世話になった方達へ
      報告に行くと言う内容だったと思う…

      その後東京に、戻り一週間したら
      今住んでいるニューヨークに帰国すると言う…
      更に、アメリカでも徒歩で横断したと聴いた。


      益々興味が湧いた。
      是非話を聞かせて欲しいと、
      そしてインタビューさせて欲しいと、
      今自分のWashoi でやってる、拘りをもって生きる人のインタビュー説明した。

      彼は快諾してくれた。
      それから東京に戻った彼と、
      ニューヨークに帰国するまでの一週間の間に三度会った。


      俺は本当に幸運だった。

      彼に出会えた事、そして彼からアメリカ横断、日本縦断の話を直接聞けた事

      アメリカに帰国する前の一週間

      三度も会えて、楽しい時間を共有できた事。

      本当に幸運だった。

      彼のように信念を貫き通した人は

      そんなにいないと思う。

      14000キロの道のりを徒歩で、
      そして一人の女性への感謝の想い
      それをやり遂げた彼は正にこの世界の人と言うより
      ちょっと違う世界の方
      俺は彼と共にした時間でそんな風に感じた。

      人は
      多くの壁を乗り越えた人

      多くの苦難を経験して来た人

      そして多くの悲しみを耐えて来た人

      そんな人は

      何か新しい道が開けるのだと思う。

      俺はそんな風に彼を見て
      彼の話を聴いて

      共に時間を過ごして

      感じた。

      渡辺好博
      彼は大和魂を持つ平成の侍だ。

      頭に海藻
      そんなお茶目なところもある彼は
      最高です。
      | DIARY | 06:16 | comments(1) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 06:16 | - | - |
        コメント
        FBで拝見させていただきコメント失礼致します。
        私と私の家族は彼のことを「殿」と呼んでます。
        宮崎の高千穂に住んでいますが、一昨年の夜神楽の時期でした。殿が日本縦断の途中で、我が家に連泊され
        その間に、不思議なお話しと体験をさせて頂きました。
        我が家では今だに殿の話題が出ます。
        穏やかでもあり、熱くもあり、なんとも不思議な方でした。
        今後も家族で彼の事を応援していきたいと思っております。
        長文失礼致しました。
        | 森園千鶴 | 2017/03/02 11:48 AM |
        コメントする